Loading the player...

# Use Youtube player (with Youtube AD) #<<<>>> # Use our player (Downlaod & No Youtube AD) 再生できないときはここをクリック click hrer if failed to load 如无法播放请点击这里#

INFO:
見放題サービス『東映アニメチャンネル』にて、約4,000の人気アニメを配信中!! https://www.amazon.co.jp/channels/toeianimejp?ref=dvm_ptm_off_jp_ac_c_toeianimejp 『想い出のアニメライブラリー 第15集 花の子ルンルン DVD-BOX デジタルリマスター版 Part1』 http://shopping.toei-anim.co.jp/system/item/29414/ 花の精の血をひくルンルンの、おしゃれでロマンチックな旅物語 ■ストーリー むかしむかし、人間と花の精は、なかよく地球でくらしていました。ところが、人間はだんだんと思いあがって、自然をたいせつにしなくなったのです。花の精たちは、虹色の雲のむこうの小さな星・フラワーヌ星にうつって自分たちの王国をきずきました。でも、そのうちの何人かは地球にのこって人間と結婚したのです。そして、花の精の血をずっとうけついできました。 フランスのいなか町で、おじいさん、おばあさんとくらす女の子ルンルン。そこへ、フラワーヌ星の国王の使者として、人間の言葉をしゃべる白ネコのキャトーと犬のヌーボがやってきます。そして、王子が次の王位につくために必要な「七色の花」をさがしてほしいとたのみます。花の精の血をひく「花の子」ルンルンにしか、さがせないからです。ルンルンはキャトーとヌーボといっしょに、七色の花をさがしてヨーロッパ各国を旅していきます。 ■解説 『花の子ルンルン』は1979年2月から1年間、テレビ朝日系列で放映されました。主人公ルンルンの使う魔法は、念じた服に着替えられるという、ささやかな、しかし女の子にとっては夢のある魔法です。それに加え、海外旅行が今ほどポピュラーでなかった放映当時、あこがれのヨーロッパを旅してまわるというコンセプトが人気を呼びました。物語の終わりには、その回にちなんだ「花ことば」が解説されます。この作品から生まれた言葉「ルンルン気分」を満喫できる名作です。 ■番組情報 放映開始:1979年2月9日  放映終了:1980年2月8日  毎週金曜日 19:00~19:30  ANB系 全50話  ■スタッフ 原作:神保史郎  企画:春日東、山口康男、碓氷夕焼  製作担当:佐々木章  脚本:城山昇、曽田博久、吉田義昭、他  チーフディレクター:設楽博  演出:新田義方、高木厚嘉、本庄克彦、他  オリジナルキャラクター:姫野美智  チーフデザイナー:伊藤英治  音楽:筒井広志  ■キャスト ルンルン:岡本茉利  キャトー:白石冬美  ヌーボ:神山卓三  セルジュ:水島裕  ヤボーキ:はせさん治  トゲニシア/ナレーション:喜多道枝  ■あらすじ 「花の子? あ、あたしが!?」(ルンルン) 言葉を話す白猫キャトーと犬のヌーボが、“花の子”をさがしていました。花の精の国フラワーヌ星では、次の王様が誕生するために“七色の花”をもとめていました。それをさがしだすことができるのは、花の精の血をひく女の子・ルンルンだけなのです。ルンルンはキャトーとヌーボにたのまれ、七色の花をさがす旅に出ます。 *今回の花ことば 赤いバーベナ:一致協力 (C)神保史郎・東映アニメーション #1970年代アニメ こちらもどうぞ! http://www.toei-anim.co.jp/
【公式】花の子ルンルン 第1話「ふしぎな訪問者」 <1970年代アニメ>【公式】花の子ルンルン 第1話「ふしぎな訪問者」 <1970年代アニメ>【公式】花の子ルンルン 第1話「ふしぎな訪問者」 <1970年代アニメ>【公式】花の子ルンルン 第1話「ふしぎな訪問者」 <1970年代アニメ>
【公式】花の子ルンルン 第1話「ふしぎな訪問者」 <1970年代アニメ>